食をチームで
支える看護

満足できる食をチームで支える看護について

「食をチームで支える看護」とは

入院(所)された患者様は歯科検診・嚥下(えんげ)検査(食べ物の飲み込み具合)のアセスメントを行った後、検査委員会等で検討し、嚥下訓練、食事(柔らか食)の選択、その人にあった食事補助具の工夫などを行い、患者様自らが食事をとることが出来るように、看護職・介護職をはじめ医師・歯科医師・言語聴覚士・栄養管理士等が、チームとなって支える看護です。

定期的に口腔ケアや歯科受診、嚥下監査を繰り返し嚥下能力等をチェックします。ご自身での食事が難しくなった場合はカンファレンスを開催し、場合によっては胃ろうを設営し、経管栄養にて栄養を摂取することも可能です。

食をチームで支える看護の提供

食をチームで支える看護

陵北病院では、みんなで食堂に集まり和やかに食事をしてもらうこと、つまり食事をする空間と寝る空間をしっかりと区別することによって生活にメリハリをつけてもらうことを基本にしながら以下のサポート体制で食をチームで支える看護を行っています。

歯科検診
歯科医師による歯科検診 歯の状態を把握します
口腔ケア
歯科衛生士による口腔ケア 清潔にし、口腔の動き、機能を改善します
嚥下検査
言語療法士による嚥下検査 嚥下の安全性を確認します
嚥下訓練
言語療法士による訓練 可能な限り経口摂取を目指します
道具の工夫
道具の工夫 食事補助具を活用しています
柔らか食
柔らか食 目で見ることにより食欲も増進します

見た目には普通食に見えますが、実は舌の上でとろけるほどののどごしのよい高齢者に適した食事を提供しています。
経管栄養
経管栄養 栄養科での準備で食の安全を確保します

栄養科で経管栄養を準備することにより、器具の洗浄から提供に至るまで、衛生的管理に努めています。